スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒乳への一歩!?

台風近づいてきてますね。
明日は雨なのかなあ。

今夜は大事件が起きました。
なんと、息子がおっぱいを飲みながらではなく、添い寝+おなかとんとん+子守歌で寝たのです!!

二歳一ヶ月にもなって、何を言っているんだと思われる方もいるでしょうが、我が家にとっては大事件なのです。
常々、息子のおっぱいへの愛着の強さに、男の子はあっという間に甘えなくなるらしいし、こんなにも好きなものを無理に取り上げるのもなあと、三歳までの卒乳をゆるーく目指してきたのですが、今夜驚くべき事に自分から「おっぱいバイバイ」と言いました。

しんちゃんは、もうご飯も食べれるしおやつもジュースもお水もお茶もゼリーもなんでも食べたり飲んだり出来るんだから、そろそろおっぱい
はやめないとね。おっぱい飲むのは赤ちゃんだからね。

と言い聞かせていたら、自分からバイバイを言い出し、なんとかおっぱいを飲まずに寝ようとし出したのです。
きっとすぐにおっぱい飲むと言い出すだろうな、それはそれでいいかなー、と緩く見守りつつ、背中やおなかをとんとんしたり、子守歌をうたっていたら、時間はかかったもののそのまま寝ました。
途中何度か、
「おっぱいしたかったねん」
「おっぱいほしかったねん」
と言いながら服の上から触ったりしましたが、
「うん、でもばいばいできて偉かったね」
「頑張ったね。さすがしんちゃんだね」
と励ますと、泣きたいのをこらえて我慢してました。

特別強く言った訳でもないのに、なんでだろう。
従兄弟が生まれて、お兄ちゃんになったね-、と言ったからかな。

明日朝起きたらおっぱい欲しがるんだろうけど、その時はあげよう。
あげながら、昨日の夜は我慢できて偉かったね、もうすぐやめれるね、って言ってみよう。

卒乳目標三歳のを二歳半にできるかな。
スポンサーサイト
テーマ: ある日のできごと | ジャンル: 育児
あんなこんな日々 | Home | R-cafeと酒樽夜市

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。